起業家法は、開発の後期段階にある新しい新興企業や企業だけではありません。 事業承継計画もあります。 エイドリアン・B・ヘインズとのインタビューで、エイドリアンは、事業を売買する準備をしている事業主について話しました。 事業を売却する際、所有者は事業の価値を判断し、しばらくの間事業に関与したいかどうかを判断し、事業から何らかの継続的な収入が必要かどうかを検討する必要があります。 Adrienneは、これらのクライアントが販売をどのように構成したいかを理解するのに役立ちます。 **********************起業家の弁護士と話すことに興味がある場合は、ここでエイドリアンに連絡することができます:カンザスシティエリアの外にいる場合、私は経験豊富な弁護士の全国的なデータベースを通じて、お住まいの地域の起業家弁護士と連絡を取ることができます。 816-330-2061までお電話ください。詳細については、私のウェブサイトをご覧ください:********************** Aimee Gromowsky(aimeetheattorney.com)およびAdrienne B Haynes( 2019年9月9日記録**********************ブログ投稿:すべての動画が1か所にまとめられたブログ投稿です。******* ***************完全なインタビュー:起業家法についてのこのインタビューからのより多くのクリップ:起業家のための法的計画、起業家弁護士は、ミズーリ州の新興企業の適格な機会ゾーンの法的ニーズを説明します、ビジネススタートアップ弁護士の説明********************** Aimee the Attorney YouTubeチャンネルを購読する:Twitterでフォローしてください:Facebookで私のように:***** ***************これは広告です-弁護士を雇うというあなたの決定は、広告だけに基づくべきではありません。

source